音楽

June 01, 2017

Allan Holdsworth 旅立つ

とても信じられないが、超人であり天才のホールズワース他界した。
彼の多くのギターインプロヴィゼイションテクニックの謎と秘密を残したまま・・・。

ギターミュージック最高の宝を失った気がして、俺もショックを受けた。

最近のホールズワースの姿を見たが、異常なまでに太ってしまってるよね。

https://vimeo.com/203763879

完全に食生活のバランス、飲酒、喫煙の影響だね。誰も注意してあげなかったのだろうか?
俺も酒、タバコはやるけど、左肩や、心臓、呼吸に異常な違和感を感じたら、半年くらいは
止める。本当は酒タバコはやらない方が健康の為に良いに決まっているのだが。

それが原因なら、あまりにももったいない。

と言っても、ホールズワースクラスのミュージシャンのプレッシャーやストレスは想像が
出来ない程凄いだろうから何とも言えないな・・・。

でも世界中のミュージシャンとリスナーに尊敬され、愛され、独自の音楽展開し、ギター
テクニックの可能性を拡げたAllan Holdsworthは、幸せで素晴らしい人生を送ったと思う。

沢山の音の宝を、我々リスナーに与えてくれて、本当にありがとう!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2014

フィルコリンズのポール、オバマ大統領はロック好き

ポールマッカートニーって本当に美しいメロディーを書く人
だよね。フィルコリンズもこの曲には、相当な思い入れが
あるのだろう・・・

http://www.youtube.com/watch?v=SgoQ1gi_7i0

素晴らしい!の一言。

またまたポールとオバマ大統領の映像発見。

http://www.youtube.com/watch?v=RL76v3qoEeI

そして、何とツェッペリンとサンタナ迄もが!!!

http://www.youtube.com/watch?v=7qkmGjWtG0w

http://www.youtube.com/watch?v=J9OW4ApmrmE

見よ!このオバマとオーディエンスの楽しそうで、幸せそうな
笑顔!!

ブルース、ジャズ、ロックはアメリカ、イギリスが発明した音楽、
文化であり、相当誇りに思っているのが良く分かる映像。

しばらくは酒飲みながら、これらの映像観て楽しめるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2014

BAD BOY

ジョンらしい曲だよね。笑

http://www.youtube.com/watch?v=NRQvxf6fNIE

ジョンも生きていたら・・・と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オバマ大統領とポール

日本では全く放送されなかった映像を発見!!!

日本の政治家には有り得ないセンスだよね。
こんな映像知らなかった。(^^;;

ポールが如何に世界から愛されているかが証明された映像。

http://www.youtube.com/watch?v=5xhwsx4k-XY

おっと、スティヴィーワンダー、ハービーハンコックまで参加してるぞ!!

こっちはポールらしくコミカル、おどけた感じな映像?笑

http://www.youtube.com/watch?v=J79LRko8sG4

http://www.youtube.com/watch?v=NnHu-WLvY5U

センス良くて格好良いし、笑わせてくれるよね。笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2014

PAUL 体を大事に!!!

いたずら坊主の三人。これにジョンが居たんだから半端ないよね 笑

http://www.youtube.com/watch?v=PpprG99PuvI

ジョージの為にクラプトンがポールをバックに、気合いの入ったギターを聞かせてくれてる、
何とも贅沢な映像。そうそう、このチョーキングとビブラートが、グ~ッと来るんだよな。
ジョージへの愛情、思いを強く感じさせる素晴らしい演奏。

http://www.youtube.com/watch?v=rj4J6i_vw0w

とにかく最高!!!

http://www.youtube.com/watch?v=8MWVo1fjRsQ

おっと、今度はビリーと言うイタズラ坊主が参加かい?

http://www.youtube.com/watch?v=vkkzUWN7v58

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2009

日本の歌謡曲、演歌は素晴らしい。

youtubeで幼少時期に聴いてたアニメソングを探したついで
に、十代の頃耳にした歌謡曲、演歌なんかも聴いてみた。

日本の歌謡曲の代表的な作曲家と言えば、最近他界された
三木たかし、そして筒美京平、林哲司、都倉俊一あたりが
思いつくが、youtubeで改めて聴いてみて、やはり素晴らしい
と感じた。

実際、歌手も演奏も質が良いし、自然なダイナミクス、呼吸感
があり、聴いていて何故かほっとした気持ちになれる。そして
何よりもサウンドが暖かいよね。

父と母と一緒に過ごした実家の事を思い出しながらシミジミと
聴かせて頂いた。

最近のテレビではこういった歌謡曲は耳にしなくなったが、時代
の流れだと簡単に片付けてしまってはモッタイナイ気がする。

ま、コムロあたりの”くらぶー”がかき回して、おかしくしたんだ
ろうけどね。そう言ったコムロ系の歌手のピッチや演奏を機械で
コントロールされた音楽は、リアルな感じがしないし、もう勘弁し
てもらいたいね。

そして、昭和の時代に活躍してきた、歌手、演奏家、作曲家の
人達には心から有難うと私は言いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2007

危険地帯 TRIO OF DOOM


ジャコ・パストリアスとトニー・ウィリアムスのセッション音源が聴けるのならば、
こりゃ、何がなんでも買わなきゃならんでしょ。

(そういえば、昔よく中古レコード屋でハバナのフェスの盤よく見かけたけど)

しかし、これって相当危険なセッションだよね。ある意味、天才同士のUFC
バトル!!

時と場合によっては、何をしでかすか分からない天才「やくにめい」だ。笑

実際マクラフリンは、ジャコの度の過ぎた悪ふざけには相当腹を立てたらしく、
人生最大の汚点セッションとまで言ったというのだから驚いた。

マクラフリンにしてみれば、地獄絵模様の記録らしいが、それを敢てこの時期
に発表するというのは、一皮むけたマクラフリン、天才二人に対する深い愛情を
感じるね。

で、実際の音源の感想は、この音圧!!三人のフレーズに対する反応のスピ
ード感!! 凄まじい以外の何物でもないな!!すげーや、こりゃ。

恐らく、生真面目なマクラフリンって、当時、ジャコの柔軟な発想とユーモア
のセンスに付いて行けなかったのかもしれない???あ、ごめん。笑

掟破りって意味では(実は相当、裏付けられた物かもしれないが)ロード・
レーサーのランス・アームストロングと共通する物を感じる気がする、ジャ
コ・パストリアスって。

あ、ランス・アームストロングって最近知った人だけどね、使ってみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2007

Ambre


最近、私のお気に入りギタリスト、シルバン・リュックのソロ・アルバム
をようやく購入した。

「Ambre」である。ソロと言う事なので、完全ソロ・ギターでのインプロかな?
と思ったが、オーバーダブで演奏に拡がりを持たせた内容の物もあった。

ま、シルバンくらいの優秀なギタリストなら、完全ソロでのインプロも可能
だと思うが、あえて自分の中での音楽的イメージを優先させたのだろう。

実際、ギターという楽器は、技術的にも音域的にもピアノ等の楽器に比べたら
制約があるため、己の正直な音楽的表現の為なら、それも(オーバーダブ)
ありだと思う。

もちろん、完全ソロの演奏も入っていた。

何となく、これはシルバンのジョー・パスに対する恩と敬意も含めたアルバ
ムかな???なんて思ったりもした。

シルバンって真っ向勝負の正統派ギタリストだよね。そこも好き。

で、内容はもうハッキリ言って抜群のセンスとフィーリングですな。こりゃ。

柔軟な発想でのリハーナイズによるハーモニーセンス、ビートの利いた
リズム、繊細なニュアンスと音色をコントロール出来る感性と技術。

これではビューティフル以外の何物でもないだろう。

完全ソロでのshadow of your smile「いそしぎ」なんか、空間というキャンバス
をポツポツと美しく語りかけるように埋めていく感じのインプロは、心にぐっと
来る物がある。

ヨーロッパではとても人気のあるギタリストらしいが、日本ではあまり評価
されていないのは、とても残念な気がするな。

シルバン・リュック、またリーダーアルバムを出したら、必ず聴きたいギタリ
ストの一人である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2007

made in france


私の中での大ヒットギタリスト、シルバン・リュックの貴重映像をまたも発見!!!

made in france

ビレリ・ラグレーンのステージという事で、ゲスト参加かな?あくまでも脇役に
徹している感じが心憎い。

こちらは、シルバン・リュックの特番

フランス語で何を言っているかサッパリ解らんが、ジョー・パスに影響を
受けたのと、音楽家族の中で育ったという事なんだろか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2007

Ub-X


今日はアマゾンでUb-Xのセカンド・アルバムを注文した。ブログを読んで
関心を持ったからだ。

ファースト・アルバムは既に聴かせて頂いたが、初めて聴いた時はその
高度で硬派なインプロバイズドミュージックに驚いた。

まさに、音楽を創造する為に生まれ、音楽に人生をかけ、知性と繊細な感性
持った者でしか到達できない音世界がそこにある。こういう真面目な音楽家は
皆でガンガン応援しなくちゃね。

それにしてもドラムの人、元々プロのギタリストなのに、こんなにドラム
巧くて良いの???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧