« パットマルティーノ | Main | バンドマン »

August 29, 2004

ウェスモンゴメリー

ウェスと言えば、ベンソン、マルティーノも影響を受けたという偉大なJAZZ
ギタリストだ。
実際、マルティーノのフレーズをコピーしてみると、潜在的にウェスのフレー
ズ、ギターサウンドの影響が見られる。マルティーノにとってウェスというギタ
リストは相当に特別な存在に違いない。

そういう訳で、私もマルティーノを見習って、徹底的にウェスのギタープレイの
世界を知ろうと思い、20才くらいの時、持っているアルバム約10枚、ファイル
ブックにして三冊くらい採譜した。私自慢のウェス大全集である。

ま、自慢と言っても、私は親指ピッキングは出来ないし、ウェスそっくりに親指
ピッキングで弾き切ってしまう人がいたり(メチャ凄い)、ソニースティット、ハンコ
ック、ブレッカー、コルトレーン、エバンスなんかを、全採譜したという人も世の中
には、ざらにいたりするので、私のやった事といえば、おたまじゃくしに毛が生え
た程度だろう。しかし、自分の耳で感じて、触れて、考える事はとても良い経験
になった。

ウェスのアルバムもどれも素晴らしい作品ばかりだが、私はMovin Wesが音楽
的に好きだ。
もっと他に、良いアルバムがあるのに~と言う意見も聞こえてきそうだが、純粋に
理屈抜きに、私にとって楽しめるアルバム。豪快なフルバンのサウンドが好きとい
うのもあるのだろう。

特に、このアルバムのCaravanのスピード感、バラードのTheodora、Peopleは素
晴らしい。ウェスのバラードを聴いていると「おい、くよくよしないで元気だせよ」って
聞こえるから不思議だ。優しく暖かく包み込むかのような演奏だ。決してドロドロと、
スレていないのである。人間性によるものだろう。

それにしても、ウェスは、昼に家族のために肉体労働をして、夜は趣味の領域で
楽しんで、JAZZギターの腕を磨いていたのだと言うから驚きだ。それでこのスーパ
ーテクニックである。ウェスを前にして、時間がないと言う言葉は使えないだろう。

素質というのは必要かもしれないが、自分に自信がある、これからミュージシャン
を目指したいと言う若者に、是非ウェスの存在を知って、良い励みになってもらいた
いと思う。


|

« パットマルティーノ | Main | バンドマン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウェスモンゴメリー:

« パットマルティーノ | Main | バンドマン »