« 吉野家の豚丼 | Main | ピッキングスタイル »

July 10, 2004

パコ&マクラフリン

この前、スカパーでパコとマクラフリンのデュオをやっていたので、ハードディスク
レコーダに録画した。
「今の私には、彼らの速弾きは精神的に重いかな?」などと思いつつも、ばっちり
画面にはりづけ状態で見てしまった。

それにしてもパコデルシアのピガートのテクニックは凄すぎる。一体、どのような
トレーニングを積めば、あのような音の立ち上がりと柔軟性を得られるというのだ
ろうか?
パコの話では「速弾きの練習なんてした事ないんだよね」などと言う。

フレージング自体は、いわゆるJAZZのそれとは違うが、高度なリズム感と素晴ら
しい耳とハーモニー感覚のおかげで、スリリングでありながら美しい音世界、インプ
ロバイズドミュージックを作り上げていく。

パコの左の指を観察してみよう。

私が思うには、ギタリストは左指の薬指と小指を鍛える事により、演奏の可能性
が拡がると思う。クラシックギタリストの連中はその点、よくトレーニングされており
難曲といわれている楽曲も演奏可能としている。

ではパコは?

パコの左指の薬指と小指も充分に鍛え上げられたものだと確認した。
中指と薬指の開き具合、小指の太さを見れば納得すると思う。

なにやらパコの技術的な事ばかり書いて「相変わらずギターキッズだな」と思われ
る危険性もあるが、まあいいでしょう。

とにかく、パコ&マクラフリンの映像を見て「いや~まいったまいった」と笑いながら
楽しくすごした1日なのであった。

|

« 吉野家の豚丼 | Main | ピッキングスタイル »

Comments

わぁー。その映像、見たいですねぇー!!!
いつの映像でしょう?
1987年7月15日のモントレーのジャズフェスかなぁ?
DVDで発売されたら絶対買います。

Posted by: umex@白梅亭 | July 10, 2004 07:11 PM

umex@白梅亭さん、はじめまして。

ココログビギナーの「いたる」と申します。
ココログは始めたばかりで何も分かってませんが
これからも宜しくお願いします。

umex@白梅亭さんのページはとても素晴らしいですね。

パコとマクラフリンのデュオですが、ドイツのフライブルグ
ジャズフェスティバルでの演奏です。

曲目は、

1.スペイン
2.チキート
3.マクラフリンの18番
4.フレボ
5.デビッド

です。

昔、ラジオでパコとマクラフリンのスペインを聴きましたが
それとは全く異なる内容の演奏です。
いつか、DVDで発売される事を私も願います。

それにしてもこのクラスのインプロバイザーになりますと
どう展開していくのか?と実にスリリングですね。


Posted by: いたる | July 10, 2004 09:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パコ&マクラフリン:

« 吉野家の豚丼 | Main | ピッキングスタイル »